遼、第2ラウンドではスコアを落とした(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 2日目◇3日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>
米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」の2日目。3アンダー17位タイからスタートした石川遼。第2ラウンドは2バーディ・5ボギーの“74”と3つスコアを落としトータルイーブンパーでフィニッシュした。現在のカットラインはトータル1アンダーとなっている。
【フォトギャラリー】まるでスタジアム!?ギャラリーの視線の先は…
連覇を狙う松山英樹は前半のプレーを終了。3番パー5でスコアを1つ伸ばしトータル7アンダー暫定6位タイで後半に入った。首位はトータル10アンダーでフィニッシュしたアン・ビョンハン(韓国)とブレンダン・スティール(米国)。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【注目ギアコラム】松山と石川、2人に合うシャフトって何?