こんな衣装を着こなせるのは菜々緒だけ!?
 - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2017「銀魂」製作委員会

写真拡大

 週刊少年ジャンプで連載中の空知英秋による人気漫画を実写化する映画『銀魂』より、高杉晋助(堂本剛)率いる攘夷過激派武装集団・鬼兵隊のキャラクタービジュアルが初公開された。“紅い弾丸“の異名を持つ二丁拳銃の使い手・来島また子を演じる菜々緒は、金髪と素肌を露出させた大胆衣装でキャラにふんしている。

 パラレルワールドの江戸を舞台にした本作。鬼兵隊は主人公・坂田銀時(小栗旬)らの前に立ちはだかる敵組織で、特に統領の高杉は原作ファンからの人気が高く、実写版でどのように表現されるのか注目されている。

 そんな鬼兵隊のキャラビジュアルがついにお披露目。新井浩文、佐藤二朗、菜々緒、堂本剛が人気キャラになりきった。新井がふんしたのは、盲目でありながら居合い切りの達人とされる“人斬り似蔵”こと岡田似蔵。険しい表情とあやしく光る刀が独特の空気をかもし出している。佐藤は、鬼兵隊の頭脳で冷静沈着かつ変人の武市変平太に。外見にはあまり特徴がないが、劇中では個性を発揮していることだろう。

 そして、菜々緒が抜群のスタイルで来島また子を完全再現。菜々緒は、また子の「○○ッス」という口調には苦労したそうだが、「何度かお芝居を重ねてくると、口癖になるほど定着しました」と語る。個性的な衣装のキャラクターとあって、「不安要素が強かったのですが、一から手作りで繊細に作っていただいて、衣装やウィッグを初めて身に着けた時、これなら、“来島また子”に近づけるかもしれないと感じました。こう見えてけっこう燃えるタイプなので、やるからには頑張ってやらせていただこう! という思いで臨みました」と胸の内を明かした。

 同作のメガホンを取ったのは、「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一監督。これまでに、銀時(小栗)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、岡田将生(桂小太郎)、長澤まさみ(志村妙)、ムロツヨシ(平賀源外)という豪華俳優たちによるキャラビジュアルが公開され、その度に大きな話題となっている。(編集部・小山美咲)

※高杉晋助(堂本剛)のビジュアルは映画公式サイトにて公開

映画『銀魂』は7月14日公開