あなたの周りにモテる女友達っていますか? すごく仲がいい子じゃなくても、単なる同僚や同級生、部活で一緒だった子とかならパッと数人思い浮かぶ人がいると思います。
自分もモテたいな……と思うのなら、その子の言動を真似してみましょう♡ どうしてその子がモテているのか、モテる秘訣はなんなのかきっと秘密がわかるはずです! 今回はそのポイントをご紹介していきます♡


モテポイント1. モテる女子は駆け引きをしない


例えば、モテる友達と恋バナをするといろんなエピソードを聞けて楽しいけど、「それはあなただから成立するんでしょ(笑)」と心の片隅で思ってしまうこと、ありませんか?

モテる女子は男性選びに困りません。それは同じ時期にいろんな人からアプローチされるからです。だから、たとえばデートに誘われても、その男性以外からも声がかかっている場合もあります。
1人以外の男子に目を向けられる状況というのは心に余裕ができるもの。モテ女子が“じらし上手”なのも、周りに複数人男性がいるからできることなんです。

だから余計な駆け引きをする必要がありません。たった1人の男性を選ばなければいけない……という状況ではないから、「嫌われてもいいや」くらいの気持ちで一人一人と向き合うことができるんです。
「モテたい!」とばかり考えていると、嫌われないように必死になって駆け引きをしてしまいがちですが、モテ女子にはその必死さがありません。

モテポイント2. モテる女子はファッションセンスも抜群!



それから、モテる子ってファッションセンスがいい子も多いんです。でもよく考えてみると、モテ系ファッションってなんとなくみんなが考えるイメージは一緒ですよね。ということは、そうした系統の洋服が欲しければ誰でもお店で買うことができるんです。

ですが、モテる子のファッションセンスは、ある程度パクることはできても、なかなか完コピはできません。その子オリジナルのかわいさには叶わないという限界があります。
また、真似した子のファッションがぜんぜん似合わないと、“がんばってます感”だけが空回りして自分自身の魅力が出せず、モテから余計に遠ざかってしまうことだってあります。
着られている感がでないように、徐々に真似していくのがおすすめですよ!

モテポイント3. 会話術にモテの秘訣が♡


また、モテ女子はいつもだれとでも仲良くニコニコ話しているイメージがありませんか? 1、2でご紹介したモテポイントは、その人のもともとのポテンシャルでもあるので、すぐにそれを参考にして自分のモノにすることはできませんが、それらと関係ない部分ならすぐに有効活用できます。それは男子と話してるときの“様子”です。


ぶりっ子と思われないギリギリのトーンで会話すべし


我流でモテキャラを築こうとしている人に多いのが、つねに声が高すぎたり、うるさかったりするタイプです。こういう作戦でも多少は需要がありますが、ぶりっ子が苦手な男子にドン引きされちゃうのが考えものです。

本当にモテている子が男子と話すとき、どんな声を出してるかよく聞いてみましょう。高い声とか、ちょっとささやきっぽい声、ほんのちょっとの舌ったらずさ、黙って目で会話する瞬間……などなどが発見できると思います。

それら自体は、ベタなぶりっ子要素です。大事なのは、それらの要素を実際どれくらいの濃さで話し声に盛り込んでいるかを観察すること。本当にモテている子のリアルな配分を知って、男子と話すときに役立てましょう。

あいづちや笑顔などプラスαして聞き上手になるべし


「あいづちを適度に入れて聞き上手になろう!」とか「笑顔で癒やしキャラを演出しよう!」とかって、恋愛ハウツーでよく目にしますよね。仕事中はまた事情が変わってくるのですが、モテるために我流であいづちをがんばっている人って、意識している分どうしてもがんばりすぎになったり、暗くなったりしがちです。

これも、本当にモテてている子のやり方をよく見てみるのがおすすめ。具体的にいうと、たとえば相手の話に夢中になっていたり、ちょっと気が散っていたり、話は聞いているんだけど相手と目でもっと会話していたり……思ったよりも様子に種類とか変化がたくさん見られることがあります。

話を聞いてあげるだけじゃなくて、「うん」「ふーん」「へー」「あはは」って返事しながらも、言葉以外のいろんなメッセージを相手とやりとりしまくるタイプの子。

まじめに話を聞いているだけではモテない……と行き詰まっている人は、モテる女子のそんな様子を完コピすることで、キャラの幅を広げられますよ!



自分の頭だけで計算したモテ声とかあいづちじゃなく、本当にモテている子のリアルな様子からモテるコツを完コピ! この方法なら、逆にモテないのでは? って思っちゃうような過剰なぶりっ子感がないので、誰でもムリなく男子との会話に取り入れることができます。

身近で観察できてラッキーって思えれば、友達に嫉妬しちゃうツラい気持ちもちょっと解消されますよね。モテる友達との友情を大切にしつつ、自分の女子力もどんどん磨いていきましょう♪
(由井妙)