iPhoneを使っているだけで本名がバレちゃう!?iPhoneの名前やAirDropの設定を見直そう【ハウツー】


日本では人気の高い「iPhone」や「iPad」などのiOS搭載機器ですが、これらのiPhoneなどを使っているだけで見ず知らずの他人に自分の本名がバレてしまうことがあるとしてはてな匿名ダイアリーに投稿された「電車で見ず知らずの女性の名前を知る方法」を発端に話題になっています。

iPhoneなどでははじめに設定するApple IDの登録情報した氏名を元に「設定」→「一般」→「情報」の「名前」に「◯◯のiPhone」というように自動的に設定されてしまいます。

Apple IDは登録している氏名は、iTunes StoreやApp Storeの支払い設定なども行うため、多くの人は本名を登録していると思われ、その場合はこの「◯◯(本名)のiPhone」がAirDropなどの機能によって近くにいる人からが確認できてしまうというわけです。

そこで今回は、この情報を元に個人の特定やさらなる個人情報が漏れてしまう可能性があるということで、AirDropや名前の設定などを変更する方法を紹介したいと思います。

【名前の設定を変更】

02 03
設定から「一般」→「情報」を表示

何はともあれ大元はiPhoneなどに登録されている名前の設定なのでまずはここを変更しておくことをオススメします。筆者もiPhoneを購入した際に最初に行う設定のひとつとなっています。

変更は「設定」→「一般」→「情報」にある「名前」を押せばキーボードが出て変更可能。できれば「memn0ck」などの個人を特定できるような内容もなくしたほうが良いでしょう。例えば、「私のiPhone」でも何でも良いと思います。

04 05
名前を押して入力して変更

この名前は、今回問題になっているAirDrop以外でも同じ無線LAN(Wi-Fi)のアクセスポイント(AP)に接続されていると「インターネット共有」(赤枠)に表示されるほか、使わない人も多いかもしれませんが「テザリング」(青枠)のときのSSIDとしても使われています。

06
AirDrop以外にも名前はインターネット共有やテザリングでも使用


【AirDropの設定を変更】

07 08
コントロールパネルと表示し、AirDropをタップ

続いて、AirDropの設定も変更しておきましょう。設定方法は、画面下端から上に向かってなぞると表示される「コントロールセンサー」を表示し、「AirDrop」と書いてあるところをタップすると「オフ」「連絡先のみ」「すべての人」のどれかに設定できます。

これまで使ったことがない人は迷わず「オフ」でいいと思います。また普段使っているという人もできるだけ「オフ」にし、使うときもできるだけ相手の連絡先を登録しておき「連絡先のみ」にしたいところです。

09
普段はできるだけ「オフ」にしておくとをオススメ

AirDropはファイルや情報を手軽にWi-Fiなどを使って共有できる機能で、共有できる相手が近くにいる場合には、「共有」ボタンを押すとそこに相手のアイコンや名前が表示されます。すべての人にしておくと、知らない人でも表示されちゃうわけで、特に近くにいる人にバレてしまうのでご注意ください。

10 11
AirDropできる相手がいると共有しようとした場合に相手の名前が確認可能


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
iPhone 関連記事一覧 - S-MAX
iPhone、iPad、または iPod touch で AirDrop を使う方法 - Apple サポート