成田山の節分会に大河ドラマ「おんな城主 直虎」から菜々緒(右)と前田吟(左)らが登場/(C)NHK

写真拡大

千葉・成田市にある成田山新勝寺で恒例となっている節分会に、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)から、前田吟、苅谷俊介、菜々緒、山口紗弥加、光浦靖子が登場した。

【写真を見る】2月5日(日)放送では菜々緒が演じる瀬名の成長した姿が描かれる/(C)NHK

大河ドラマの出演者たちの参加も毎年恒例となっているが、「―直虎」が大河初出演の菜々緒は「緊張しましたが、なるべく遠くの方にも福が届くように思いを込めて豆を投げました。無事に務めを果たせて良かったです」と振り返った。

また、「年配の方からもたくさんお声をかけていただいて、私の事を知っていただいていることにびっくりしましたが、あたたかい声援がうれしかったです」と喜びのコメント。

作中では、菜々緒演じる瀬名が2月5日(日)放送から登場する。菜々緒は、「今日一緒に参加したなつ役の山口紗弥加さんから『怖かったよー』と最高のおほめの言葉を頂戴した、私の登場シーンを見逃さずにご覧いただけるとありがたいです」とアピールした。

また、作中で共演シーンこそないものの、瀬名の祖父に当たる井伊直平役の前田は、「初めての節分会参加で、いい記念になりました。楽しかったです。劇中では会えない孫娘(瀬名役)の菜々緒さんにも会うことができました。たくさんの声援をいただき、皆さん大河を見てくれているんだなと実感が湧きました」と語っていた。