2日、中国のポータルサイト・今日頭条に、第2次世界大戦当時の日本の空母建造技術はどこから来たのかを分析する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年2月2日、中国のポータルサイト・今日頭条に、第2次世界大戦当時の日本の空母建造技術はどこから来たのかを分析する記事が掲載された。

記事は、日本は第二次世界大戦前から航空母艦を建造する技術があったと指摘。第二次世界大戦時には25隻もの航空母艦があったと紹介した。

この技術はどこから来たのかについて記事は、日清戦争や日露戦争での海戦から得た経験、英国を師と仰いで懸命に模倣して学んだこと、英国人の(日本海軍を育てた)センピルから秘密情報を得ていたことの3つを挙げた。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「わが国の唐の時代の技術をパクったんじゃないか?」
「技術がどこから来たかは知らないが、お金が中国から来ていることは知っている」

「今の日本だって相当強いぞ。ただそれを隠しているだけだ」
「日本の強さは各自の行動と細部にある。中国の強さは口先のスローガンだけで、心の中では自分の利益しか考えていない」

「日本の軍事スパイと商業スパイは中国が学ぶに値する」
「日本は今では1隻も空母がないが、遠洋の巨大な船をたくさん持っている。必要であればいつでもすぐに空母を造れる」

「世界で最初の空母は日本製だ。日本は長きにわたって世界一の造船大国で、最近でこそ韓国に抜かれたが、今でも造船技術はトップクラスだ。だから日本を甘く見ることは害になる」(翻訳・編集/山中)