「AKB48 れなっち総選挙選抜写真集 16colors」発売記念イベントが行われ、お渡し会にAKB48・木崎ゆりあ、加藤玲奈、大島涼花(写真左から)が登場

写真拡大

2月3日、都内書店にて「AKB48 れなっち総選挙選抜写真集 16colors」発売記念イベントが行われ、お渡し会にAKB48・加藤玲奈、木崎ゆりあ、大島涼花が登場。

【写真を見る】「写りの良いメンバーを集めました」と自信を見せる加藤“P”

「れなっち総選挙」とは、加藤が'15年にトークアプリ上で始めた個人発信企画で、彼女が独断で「かわいいと思うメンバー」を48グループ内から選出するというもの。昨年夏の第2回では168人が立候補し、SHOWROOM上で行われた結果発表放送を12万人が視聴するなど、大きな盛り上がりを見せた。

写真集「―16colors」は、第2回れなっち総選挙の選抜メンバー16人(小栗有以、市川美織、田野優花、向井地美音、松岡はな、佐藤すみれ、長久玲奈、茂木忍、小嶋菜月、木崎ゆりあ、山口真帆、大島涼花、高木由麻奈、岡田彩花、中井りか、田中奈津美)の“レナッチーズ”による完全撮り下ろし企画。

スペシャルプロデューサーを務めた加藤は「本当にかわいい子たちが詰まった写真集なので、たくさんの方に見ていただきたいと思います」とアピール。メンバーを自身で選んだことに「メンバーがメンバーを選んで、写真集をださせていただくってことは本当に滅多にないことなので、本当にありがたいですし、秋元(康)先生に感謝しかないです」と喜び、自身でそれぞれのメンバーのロケーションや衣装を初めてプロデュースしたことについては「バタバタ感を味わいました。『ヤバい! 本当にできんのかな〜』って本当に追い詰められて。秋元先生の気持ちが分かりました」と振り返った。

木崎は「王道でかわいい写真もあるんですけど、世の中には丸顔好きとかコアなファンがいるので、いろんなコアなファンが喜ぶと思います」とアピール。

一方、大島は「沖縄ってことですごい開放的な気分で、裸で撮影したいぐらいでした(笑)。みんな開放的な笑顔でしたね」と大胆告白。

“れなっち選抜”の今後について加藤は「CMですかね。飲料系とか! 公演とかコンサートもしたい」と野望を明かし、プロデュースの苦労もあったようだが、「出来は150点です! 予想以上でした。初めは(グループも違うし)バラバラなんじゃないかって不安だったんですけど、みんなまとまりましたね」と満足げに語った。