By Paul Wilkinson

世界的に自動車の排気ガス規制が高まる中、ガソリンなどの石油を燃やす内燃機関の自動車を作ってきたメーカーにもEV(電気自動車)へのシフトが余儀なくされる時代が訪れています。しかしEVはまだまだ「生まれたて」の世代の乗り物であるため、十分な利益を生みだしている状況とはいえません。そんな状況で自動車メーカーはどのような戦略をとるべきなのか、経営コンサルティング企業のマッキンゼー・アンド・カンパニーがレポートを公開しています。

Electrifying insights: How automakers can drive electrified vehicle sales and profitability | McKinsey & Company

http://www.mckinsey.com/industries/automotive-and-assembly/our-insights/electrifying-insights-how-automakers-can-drive-electrified-vehicle-sales-and-profitability

トヨタ「プリウス」に代表されるハイブリッド車(HV)や、日産「LEAF」やテスラ「MODEL S」などの電気自動車(EV)などのモデルに加え、ここ数年で自動車各社がHVやEVをラインナップに組み込んで来ています。その大きな理由の1つが、年を追うごとに段階的に引き上げられる排ガス規制の存在です。特にヨーロッパでは厳しい規制が導入されることになっており、2017年には「EURO6 ステージ2」と呼ばれる規制が1段階引き上げられるほか、2020年には「EURO7」と呼ばれる、さらに厳しい規制が導入される予定となっています。

この規制では、各メーカーごとの全ての車両をまとめた上で規制値をクリアすることが求められているとのことで、ここで各メーカーのラインナップにHVやEVを組み入れることが重要になってくるというわけです。自動車メーカー各社は、従来からのノウハウを存分に投入した内燃機関(ICE)車両で利益を確保する一方で、高コストではありながら環境に優しく排ガス規制をクリアするのに不可欠なEVをバランス良く生産・販売することが求められることとなってきます。



By Automotive Rhythms

マッキンゼー・アンド・カンパニーの報告書によると、世界の主要な自動車マーケットではHV・EVに対する関心が強まっており、アメリカとドイツにおける消費者のうち、50%は電気を動力とする自動車の仕組みとそれに関するテクノロジーへの理解を深めているとのこと。一方の、従来のICE車両の場合はほぼ100%のユーザーが理解を深めているとのことですが、その差は徐々に縮まっている模様。また、アメリカでは自動車を購入した消費者の30%がHVとEVの購入を検討したとのこと。ドイツにおいてはその割合は45%にまで高まっており、ユーザーの意識が変化している傾向が見てとれるとのこと。この傾向には、各国政府からの補助金の存在も影響があるとみられます。

ただし、前述のように、EV関連はまだ技術的な課題も多く、自動車各社はEVの利益性の障害となっている課題に本腰を入れて取り組む必要がある点も報告書では示されています。特にEVではバッテリーのコストが大部分を占めていることから、この分野の技術革新が急務といえそう。HV・EVを生産しながら利益を確保して自動車メーカーとして体力を確保するためには、各メーカーにとって避けられない道であることは確実といえます。



By Paul Krueger

そして、特にEVが普及する最も重要なポイントは、普及価格帯のモデルの拡充ということになると報告書では指摘。アメリカでは、自動車の普及が広がる普及価格帯は3万ドル(約340万円)前後といわれており、この価格帯にモデルを投入すれば一気に台数が増えるものと考えられています。とはいえ、まだまだ高コストな傾向にあるEVにとってこの価格帯にチャレンジすることは容易ではありません。2016年4月には、テスラが低価格EVのモデル3を約400万円で発表しており、発表直後から予約が殺到していたことからも、この見方はかなり確実なものといえそう。

約400万円のテスラの電気自動車「モデル3」に予約殺到中 - GIGAZINE



このように、自動車各社がEVを普及させるためには、高コスト体質とみられるEVの技術革新を急ぐことで、普及価格帯へのモデル投入を行うことが肝要ということに。逆にいえば、この市場にいち早くモデルを投入できたメーカーは、いわゆる「ブルーオーシャン」を独り占めにできることともなるため、マーケットとしても非常に魅力的なものといえるはず。

マッキンゼー・アンド・カンパニーによる報告書は、以下のリンクからPDFをダウンロードすることも可能です。

(PDF)Electrifying insights: How automakers can drive electrified vehicle sales and profitability