【2017Jリーグ補強診断】J1初制覇へ日本代表経験者ズラリ《FC東京》

写真拡大

▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。J1初優勝を狙うFC東京編をお届けする。

◆昨シーズンの主力が流失
Getty Images
【OUT】

GK

榎本達也(37)→現役引退

圍謙太朗(25)→セレッソ大阪/完全

秋元陽太(29)→湘南ベルマーレ/完全

権田修一(27)→契約解除

DF

駒野友一(35)→ジュビロ磐田/完全

MF

三田啓貴(26)→ベガルタ仙台/完全

幸野志有人(23)→V・ファーレン長崎/完全

野沢英之(22)→FC岐阜/期限付き

高橋秀人(29)→ヴィッセル神戸/完全

羽生直剛(37)→ジェフユナイテッド千葉/完全

水沼宏太(26)→セレッソ大阪/期限付き

ハ・デソン(31)→FCソウル(韓国)/完全

FW

林容平(27)→大分トリニータ/完全

平山相太(31)→ベガルタ仙台/完全

ムリキ(30)→アル・サッド(カタール)/期限付き期間満了▽GKの一新を敢行。その他、MF高橋秀人や、MF水沼宏太、MF羽生直剛、FW平山相太らベンチを暖める日々が続いた実力者が新たなチャレンジを求めて退団した。ただ、新戦力の顔ぶれを見ると、痛手となりそうな選手は見当たらない。

◆補強診断(★5つが最高)

★★★★☆

▽充実のオフシーズンだった。各ポジションの新顔に日本代表経験者を揃えて、今オフの話題をほぼ独占。悲願のJ1リーグ初制覇へ盤石の土台を築き上げたといっても過言ではない。

◆J最高レベルの守備陣形成【GK&DF】
Getty Images
【IN】

大久保択生(27)←V・ファーレン長崎/完全

林彰洋(29)←サガン鳥栖/完全

廣末陸(18)←青森山田高校/新加入

波多野豪(18)←FC東京U-18/昇格

太田宏介(29)←フィテッセ/完全

山田将之(22)←法政大学/新加入

岡崎慎(18)←FC東京U-18/昇格▽現役の日本代表メンバーであるGK林彰洋を確保した他、フィテッセからDF太田宏介が復帰。現有戦力の守備陣を加えると、J最高レベルの陣容形成に成功したと言えるだろう。

◆待望の司令塔を確保【MF】
Getty Images
【IN】

高萩洋次郎(30)←FCソウル/完全

鈴木喜丈(18)←FC東京ユース/昇格

内田宅哉(18)←FC東京ユース/昇格▽元日本代表のMF高萩洋次郎を獲得。上述の通り、高橋や羽生、水沼といったユーティリティプレーヤーの枚数こそ減ったものの、手薄だった司令塔タイプの選手として高萩を確保できたことは大きい。

◆ゴール数を計算できる両選手が加入【FW】
Getty Images
【IN】

永井謙佑(27)←名古屋グランパス/完全

大久保嘉人(34)←川崎フロンターレ/完全▽3年連続得点王に輝いた実績を持つFW大久保嘉人や、爆発的なスピードを武器とするFW永井謙佑の加入は心強い。ゴール数を計算できる両選手の加入は、泣きどころのチームの得点力向上につながるはずだ。