腰痛のため無念の途中棄権となったタイガー・ウッズ(撮影:GettyImages)

写真拡大

<オメガドバイデザートクラシック 2日目◇3日◇エミレーツGC(7,328ヤード・パー72)>
アラブ首長国連邦のエミレーツGCにて開幕した欧州ツアー「オメガドバイデザートクラシック」。午前組の全選手がホールアウトし、ジョージ・クッツェー(南アフリカ)がトータル9アンダーで単独首位に浮上している。
先週は元気な姿を見せていたウッズだが…
1打差の2位に今大会初勝利を狙うセルヒオ・ガルシア(スペイン)、4打差の3位タイにデビッド・リプスキー(米国)、ナチョ・エルビラ(スペイン)が続いている。
また、2007年大会の覇者ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は5ホールを消化、イーブンパーでトータル4アンダー5位タイ、昨年覇者のダニー・ウィレット(イングランド)は4ホールを終えてイーブンパー48位タイと順位を落としている。
なお、初日を5オーバー119位タイで終えていたタイガー・ウッズ(米国)は、第2ラウンド開始前に腰痛のため棄権している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【注目ギアコラム】松山と石川、2人に合うシャフトって何?