中央研究院ウェブサイトより

写真拡大 (全2枚)

(台北 3日 中央社)今年で25回目となる「台北国際ブックフェア」(台北国際書展)が8日に台北市内で開幕する。台湾の読書の歴史にスポットを当てた展示エリアのほか、昔の台北の街並みを紹介するブースなどが設置され、来場者に読書の素晴らしさを伝える。

読書史をテーマにしたエリアでは、1950年代から現在までにおける台湾の読書の発展の過程を紹介。各年代の作家の手書き原稿や1960年代に創刊された文学雑誌の創刊号原本など貴重な資料も展示される。

中央研究院は「昔の台北に出会う」をテーマにしたブースを出展。昔と現在の地図を照らし合わせ、かつての街の写真を盛り込んだ書籍「台北歴史地図散歩」を紹介する。

開催は13日まで。

(陳至中/編集:名切千絵)