ケビン・コスナーとゲイリー・
オールドマンのバトルシーンも (C) 2015 CRIMINAL PRODUCTIONS, INC.
All Rights Reserved.

写真拡大

 ケビン・コスナー、ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズが顔をそろえたスパイアクション「クリミナル 2人の記憶を持つ男」の新たな本編映像が、公開された。見せ場のひとつとなる、車ごと川底へダイブするアクションシーンを切り取っている。

 前出の3人に加え、「デッドプール」のライアン・レイノルズ、「ワンダーウーマン」(8月25日公開)が控えるガル・ギャドット、「ゴースト・イン・ザ・シェル」(4月7日公開)のマイケル・ピットらオールスターキャストが結集した本作。CIAエージェントのビリー(レイノルズ)が、任務中に死亡。ビリーが核ミサイルの遠隔操作プログラムを開発したハッカー、ダッチマン(ピット)の潜伏先を唯一知る人物だったことから、CIAロンドン支局長のクウェイカー(オールドマン)は死刑囚ジェリコ(コスナー)に前代未聞の“記憶移植手術”を敢行し、ダッチマンの居場所を探り当てようとする。

 2人分の記憶を持つことになったジェリコは、ダッチマンを血眼になって探すテロリスト・ハイムダール(ジョルディ・モリャ)から命を狙われる。ジェリコとCIAエージェントたちは、車で橋を移動中、ハイムダールによって橋を封鎖され、袋のネズミ状態に。CIAとテロリストの激しい銃撃戦の中命からがら脱出したジェリコは、何を思ったのか一般人の車を奪い取り、そのまま川に突っ込むという暴挙に打って出る。「THE ICEMAN 氷の処刑人」で知られるアリエル・ブロメン監督が、短いカットをテンポよくつなぎ合わせて没入感を追求。「エクスペンダブルズ」や「ワイルド・スピード」シリーズ、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」など人気作の音楽を多数手がけるブライアン・タイラーの不穏さが漂う楽曲も、画面の緊張感を高めている。

 「クリミナル 2人の記憶を持つ男」は、2月25日から全国公開。