1日、国連貿易開発会議が報告書を発表した。経済や貿易が低迷する中、中国のFDI流入量は増加を続け、世界3位となった。写真は上海。

写真拡大

2017年2月1日、スイスのジュネーブに本部を置く国連貿易開発会議(UNCTAD)が報告書を発表した。新華社が伝えた。

報告書によると、2016年、海外直接投資(FDI)が世界全体、とりわけアジア地域で大幅に減少する中、中国に流入するFDI総額は2015年と比べて2.3%増加。1390億ドル(約15兆6500億円)に達し、世界3位だった。

世界的な経済成長鈍化や貿易の成長低迷などにより、2016年の世界FDI流入量は13%減少し、1兆5200億ドル(約171兆5700億円)となった。最大のFDI流入国は米国で、3850億ドル(約43兆4500億円)。英国は1790億ドル(約20兆2000億円)で、2015年の12位から2位となった。

UNCTAD投資企業局のジェームス・ジャン氏は、2016年に中国はFDI流入量が過去最多となっただけでなく、その外資構造も質が向上していると指摘。資本集約型、技術集約型産業や、付加価値の高い分野への投資が続く一方、従来の労働集約型産業からの脱却が続いているという。

報告書は、2017年に世界FDIは上昇に転じる可能性があるとし、10%前後の成長を予測。ジャン氏も同様の見通しを示し、2017年も中国は海外資本にとって最大の投資先の1つになり、投資規模も高い水準を維持すると予測している。(翻訳・編集/岡田)