サフロン・バロウズ

写真拡大

ニューヨークのオーケストラを舞台にした米Amazonのドラマ『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』でシンシア役を演じるサフロン・バロウズが、第二子となる女児を出産していたことが分かった。米E!Onlineなどが報じている。

1月23日(月)、サフロンはデイジー・アリス・ウィニー・バリアン=バロウズと名付けられた女の子を出産。2013年に彼女は、米人気トーク番組『エレンの部屋』で脚本を務めるアリソン・バリアンと極秘結婚。2012年に、サフロンとバリアンの間には男の子が誕生している。

昨年9月、映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』のプレミアで、サフロンが妊娠後期に入った大きなお腹を抱えて登場したことから、妊娠していることが明らかとなった。

イギリス出身の彼女はモデルとしてキャリアをスタートさせ、『父の祈りを』で映画デビュー。映画界を中心に活躍していたが、リーガルドラマ『ボストン・リーガル』で本格的にドラマ界に進出。以降は、『LAW & ORDER クリミナル・インテント』や『エージェント・オブ・シールド』などに出演している。

サフロンがメインキャストを務める『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』はシーズン4に更新されたばかりで、私生活も仕事も絶好調なようだ。

サフロン、第二子の誕生おめでとう!(海外ドラマNAVI)