写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトキャンプは2月3日、自治体情報セキュリティ対策として、ファイル無害化・ファイル転送機能をオールインワンで実装したネットワーク分離対応ソリューション「SHIELDEX」をリリースし、企業向けに2月より販売開始したと発表した。

SHIELDEXでは、スパムメール遮断やアンチウィルス、仮想環境で悪性コードを検知する既存の方式とは違い、独自の技術を用いてメールに添付された文書ファイルに仕組まれた悪性コードを無害化する機能を提供する。

また同製品は、ネットワーク分離されたインターネット側・LGWAN側でのファイル転送機能(特殊プロトコルによる暗号化された転送)により、より安全にLGWAN側に搬入が可能。承認を受ける(ワークフロー)システムも実装しているため、よりセキュアに対応ができる。

(山本明日美)