これは乗りたい。乗りたすぎます。

2月4〜5日の長野県・エコーバレースキー場、そして2月18〜19日の岐阜県・高鷲スノーパークにおいて、スバルがゲレンデタクシーを配備するそうですよ。リフトの代わりに麓から山頂まで雪上ヒルクライム。なにそれ気持ちよさそうなんですけど!



なかなかのスピードで飛ばしているじゃないですか! オフィシャルサイトをみると、ドライバーの方が笑顔でサイドブレーキを引いているシーンもあるし、ドリフトしながらゴールに入ってからの定常円旋回をしているなど、他ではできない濃い体験が楽しめそう!

用意される車両はレガシィ・アウトバック、フォレスター、スバルXVハイブリッド。ミシュランタイヤがスタッドレスタイヤの「ミシュランX-ICE XI3」を供給し、パナソニックが撮影用のカメラとして「LUMIX DMC-GH4」「HX-A1H」「HX-A500」を機材協力。またプーマや2WD自転車のDOUBLEも協賛しています。



乗車料金は車両の前で写真を撮影、Twitterなどで「#ゲレンデタクシー」のハッシュタグをつけて投稿するだけ。今回で4回目の開催となりますが、これまでも大人気のイベントだったそうですよ。9〜12時(受付時間は9〜11時30分)、14時〜16時30分(受付時間は14〜16時)と時間限定のイベントなので、乗りたい人は早めにいったほうがいいかも。


・未来のウィンタースポーツ、ドローンボード


image: PR TIMES
source: スバル, YouTube, Twitter

(武者良太)