中村は50歳となり昨年12月にベストアルバム「A BEST〜Rolling 50」をリリース

写真拡大

『アウト×デラックス』(フジテレビ系)にロック歌手の中村あゆみが登場。ロック歌手のイメージとは裏腹に、とても健康に気遣っている姿が明かされた。

同番組で高嶋政宏はSMに対する哲学を熱弁

最近の健診は一昨日だという中村。7〜10日に1回程、健康診断に向かうという全くロックではないプライベートを告白した。最新の検査にも目がないそうで、40万円もする遺伝子の検査を受けた経験もある。

周囲の人間の体調が悪くなった場合もほっとけず、医療のアドバイスもする。そのためDr.あゆみとも呼ばれ、スタジオの他のゲストの健康相談を受けることに。

ミラクルひかるは精神面が弱く、特にアウトデラックスの収録が終わった日は残尿感がひどいことを相談。それに対して中村は、女性は過度のストレスや疲れで膀胱炎になることを指摘、名医を紹介することを提案するなど、慣れた様子を見せていた。

遠野なぎこは、朝からテキーラを飲むことがやめられないことを告白。朝起きたらすぐに冷凍庫を開けてテキーラを飲んでしまうと言う。これに対しては、中村は「抑えるしかない」とコメントするも、肝臓に良いとされるプラセンタを勧めていた。

最後に中村は、絶対にキレイになる究極の美容法を紹介し、なんとそれはセックスだと断言した。「3ヶ月に1回は切らしてはいけない」と力説し、スタジオでは「やっぱりロックだった」との声が挙がった。