話題の顔合成アプリで「アマテラス」や「兵馬俑の兵士」笑わせてみたら意外としっくりきて歴史が身近に思えた

写真拡大

 自撮り文化が発達し、現在ではすっぴんの表情を撮っても見事にメイクした状態に変身させてくれるなんていう優れものまで登場して話題になっています。

 なんて便利なんだ……と思っていたら、今度はむっつりした顔で撮影してもたちまち笑顔にしてくれるものまで爆誕していて、撮影アプリの進化はとどまることを知らないようです。

 というわけで、今回はなんだか無性に笑わせたくなる対象を噂の顔合成アプリ「FaceApp」で撮影して笑顔にしてみましたよ!

【関連:あのアゴも完全再現!『学園ハンサム』カメラアプリ】

■まずは日本神話の神から アマテラス笑わせてみた

 宮崎県高千穂町の天岩戸神社にある天照大御神(アマテラス)の像。何とも言えないアルカイックスマイルが美しいですが、もっと笑わせてみたい。そんな気持ちからアプリで撮影してみたところ、爽やか美人の笑顔に早変わりしてくれました。おお、これはすごい!

天照大御神(アマテラス)の像

■銅像がいけるなら……兵馬俑の兵士笑わせてみた

 天照大御神像はばっちりアプリが反応してくれましたが、他にも色々と銅像を試してみたところ緑系のものだとほぼ反応してくれませんでした。
どうやら人の肌だと認識できる色合いのものでないと難しいようです。

 ならば、中国の兵馬俑ならいけるのでは!? と試してみたところビンゴ。野球チームのキャッチャーにいそうな豪腕風の笑顔が眩しい!!別の兵馬俑の写真でも試してみましたがこちらはばっちり。像として並べられるとなんだか怖さすら感じますが、ここまで笑顔になってくれると歴史が身近なものに感じます。

兵馬俑1
兵馬俑2

■ならば埴輪だ!!

 ならば、ベージュ系でばっちり赤みがさしている埴輪なら問題無いでしょう! と半ば出来心で試してみました。

 すると……きました、某N○Kのキャラクターに登場しそうなはにかみ笑顔。絶対に「人間になりたい……」と心に闇を抱えつつ、TVの前では笑顔で道化を演じ続けていそうなキャラクターが誕生してしまいました。他にも埴輪をいくつか試してみましたが、埴輪だとアプリが認識してくれる割合が高く、様々な埴輪を笑顔にすることができて大満足。

埴輪1
埴輪2

 像は造られたときからずっと同じ表情で居続けることが運命づけられています。しかし、こうやってアプリで笑顔にするのもいいものじゃないですか? 気になった人は、ぜひ自分でも試してみてくださいね。

(大路実歩子)