写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トランスコスモスは2月3日、LINEで顧客のニーズに応じた複数のおすすめ商品をメッセージ配信するサービス、「メッセンジャーアプリ ECサービス for ダイナミックトーク」の提供を今月より開始する。

このサービスは、フィードフォースの「ソーシャルPLUS」が対応するLINEの「Official Web App」オプション機能を活用し、顧客企業のECサイトとLINEアカウントを連携するとともに、ブレインパッドが提供するレコメンドエンジン搭載プライベートDMPの「Rtoaster」を組み込み、顧客のWebサイト訪問履歴や購入履歴を活用して、最適な商品を自動的にレコメンドする。

例えば、顧客がWebサイトで閲覧した商品やカートに入れたものの購入に至らなかった商品や、その類似商品、その商品を購入した人がよく買っている別の商品など、顧客のニーズに最適化された複数の商品に対してカルーセル形式でメッセージを配信する。

同社は、企業によるOne to Oneマーケティングを可能にするLINEビジネスコネクトを活用したプラットフォームをいち早く開発し、企業のLINE活用について豊富な実績と経験があるという。今後も、これらで培った経験と技術を活かし、顧客企業の売上拡大とコスト削減に努めるとしている。

(山本明日美)