腰痛のため途中棄権を決断したタイガー・ウッズ(撮影:GettyImages)

写真拡大

<オメガドバイデザートクラシック 2日目◇3日◇エミレーツGC(7,328ヤード・パー72)>
アラブ首長国連邦のエミレーツGCにて開幕した欧州ツアー「オメガドバイデザートクラシック」。自身8度目の出場となるタイガー・ウッズ(米国)が第2ラウンド前に棄権した。腰痛を理由に挙げている。
先週は元気な姿を見せていたウッズだが…
初日のラウンド中に痛みは無かったということだが、現地時間3日(金)の朝に途中棄権を決断。今大会では06年と08年と2度の勝利を挙げているが、第1ラウンドを5オーバー119位タイと大きく出遅れていた。
ウッズは先週の「ファーマーズ・インシュランス・オープン」で米ツアーに本格復帰を果たしたばかりで、トータル4オーバー110位タイで予選落ちとなっていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【PGAツアー動画】タイガー・ウッズの復帰初バーディは10番ホール!
1打差2位と好発進の松山英樹 連覇達成なら史上何人目?
3つの“つかまる”テクノロジーで、大きな飛距離