ヒラリー・ダフが脚にコンプレックスを持っていたと明かした時に投稿した写真 instagramより

写真拡大

女優のヒラリー・ダフが、自身の脚にコンプレックスがあったことを明かした。

ヒラリーは現地時間2日にインスタグラムにベッドの上に座って、脚をみせている写真を公開し、「私はいつも自分の脚を大好きになることはできなかったわ。でも、成長して、自分自身を愛し、祝福することを学んだの。私の脚は“強くて”、私を毎日運んでくれることに気づき始めたの。私たちの体は素晴らしいし、感謝するべきものよ。私は私で、本当にそれで十分よ!」と投稿し、体形や人種、年齢に関係なくすべての女性をサポートする「All Woman Project」を支援するランジェリーブランドaerie[エアリー]を称賛した。

また、1児の母のヒラリーは以前も、「このボディーが私のよ。私は筋肉質で、私のボディーが私にしてくれたことを誇りに思っているの。私は最高で、最も健康で、最も強い妊娠を経験したわ」と話していたことがあり、コンプレックスを受け入れることが明るく生きることに繋がったようである。