パク・ヒョクグォン主演ドラマ「超人家族2017」ポスター3種を公開…苦難の現実に立ち向かう共感ストーリー

写真拡大 (全3枚)

2017年2月20日に放送開始が確定したSBS「超人家族2017」(脚本:チン・ヨン、演出:チェ・ムンソク、制作:(株)ドレミエンターテインメント) が俳優たちの捨て所のない表情演技と好奇心くすぐるコンセプトの公式ポスターを公開し、話題となっている。

今回公開されたポスターは3種類であり、超人家族が壁に写った怪しい影を見て恐れている姿と、何かに追われているかのように息を殺している姿、劇中でナ・チョニル(パク・ヒョクグォン) の会社であるドレミ酒類営業2チームの愉快な会食の場面が盛り込まれている。

まず、超人家族の姿を盛り込んだポスターではゾッとする雰囲気の背景と、怯えている家族たちの表情が視線を集中させた。超人家族をめぐる怪しい影とビルの森が、超人家族を脅かす薄給、伝貰(チョンセ:一定の金額を不動産の所有主 に預けて、一定期間その利子でその不動産を借りること) ローン、学業へのストレスなど様々な現実を連想させ、好奇心をくすぐった。さらに「2017 一つの屋根 3人家族の大韓民国漂流記!」というキャッチコピーが加わり、苦難の現実に立ち向かう超人家族への期待を高めた。

さらに、ナ・チョニルの職場であるドレミ酒類営業2チームの愉快な会食をリアルに盛り込んだポスターも視線を集中させた。

ポスターでチェ部長(オム・ヒョソプ) の小皿に一生懸命つまみを運び、休むことなく酒を注ぐパク代理(キム・ギリ)、ナ・チョニル(パク・ヒョクグォン) の姿は会食でも上司に気を遣わないとならない会社員の現実を完璧に再現した。また、アン代理(パク・ヒボン) はクールな表情で酒を飲んでおり、嬉しくない会食に接する会社員たちの姿をそのまま表現して共感を呼び寄せた。

一堂に会し、カメラに向かって明るく笑っている営業2チームの姿は早くから俳優たちの息ぴったりの共演を届け、本編への期待を倍増させた。

俳優たちの抜群の相性、好奇心をくすぐるコンセプトのポスターで放送前から爆発的な関心を受けているSBS「超人家族2017」は、平凡な会社員、主婦、学生の日常のエピソードを通じて「この時代を生き延びる私たちはみんな超人」と語るコミカルで感性溢れるミニドラマだ。誰でも共感できる家族のリアルな一面を、笑いと感性溢れるタッチで強烈に描く予定だ。

SBS「恋人がいます」「バリでの出来事」などを通じて正統派ドラマの大御所と評価されているチェ・ムンソクプロデューサーが演出を担当し、今の時代を背景に、平凡に生きることすら難しいリアルなストーリーを愉快に届ける。韓国で20日(月) 夜11時10分に第1話が放送される。