【千葉】レトロでかわいい建物いっぱい!気軽に着物で巡れる「佐原」歴史散歩♪

写真拡大

ドラマや映画の撮影地としても有名な佐原(千葉県)は、非日常感を体験できるスポット。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

せっかくなら着物に着替えて、古き良き日本に思いを馳せながら、江戸時代の面影残る町を散歩してみよう!

日本の文化を肌で感じる

関東で初めて「重要伝統的建造物群保存地区」に選定された佐原には、江戸時代から続く老舗や日本地図を作ったことで知られる伊能忠敬の家など、貴重な建物が当時のままの姿を残しています。

町の中心を流れる小野川の観光船に乗れば、船頭さんが話してくれる水郷佐原の歴史に夢中になること間違いなし!

着物で巡るのがおすすめ!気軽に訪れたい「井上美容室」

まず散歩する前に訪れたいのが、井上美容室。ここはヘアセットから着物の貸し出し、着付けまでを行う美容室で、海外からも多くの観光客が訪れるのだそう。

15〜20分ほどで、どこから見てもキレイな髪型の出来上がり!

着物も約50枚の色とりどりの中から、その人に合った1着を選んでくれます。

DATA
住所:千葉県香取市佐原イ509-5 電話:0478-52-2373
営業時間:9:00〜19:00 定休日:毎週火曜日、第1・3水曜日
料金:着物レンタル・着付け・ヘアセット付6000円 ※予約制

船頭さんにガイドしてもらおう♪ 小野川観光船(小江戸さわら舟めぐり)

続いて舟の上から佐原の観光スポットを見て回ることができる観光船に乗ってみましょう。小野川から見上げる町並みは、歩くときとはまた違った雰囲気です。

昔ながらの傘をかぶった船頭さんが、観光ガイドもしてくれるので、つい質問攻めにしてしまうことも…。

意外とスピード感のある舟巡りで、流れる景色に大興奮です!

お腹がすいたら訪れたい、200年の歴史を持つ蕎麦屋名店

観光船を降りた後は、200年以上の歴史を持つ蕎麦処「小堀屋本店」へ。

昆布を加工して練り込んだ「黒切り蕎麦」は必食です!

最後に、お土産は「中村屋商店」がおすすめです。

店内には、オリジナルの手ぬぐいや小銭入れをはじめ、手さげやかんざしなど、着物に合う和小物がギッシリ並んでいて、どれもかわいくて目移りしてしまいます。

DATA
住所:千葉県香取市佐原イ1730-3 電話:0478-55-9380(ぶれきめら)
営業時間:10:00〜(終了時間は時期によって異なる)
定休日:気象状況等により運休 料金:大人 1300円(所要時間約30分)

佐原におでかけ、事前にCHECK!

・着物を着る場合、貴重品は巾着に入るコンパクトサイズに。脱ぎ着しやすい前開きの服を着てこよう

・観光マップは佐原駅前の案内所でゲットしよう