ファン待望の1号店です

写真拡大

サロン・デュ・ショコラ2017や各チョコレートフェアでも注目されているスペイン発、デザイナーズパティスリー「ブボバルセロナ」が、いよいよ日本に上陸します。

日本初の旗艦店が、2017年2月4日、表参道にオープンします。2日に行われた内覧会では、"世界一のチョコレートケーキ"といわれる「シャビーナ」をはじめ、代表的なケーキを試食することができました。

日本中の"ブボファン"に向けて、全レポートをお届けします。

トンカのクリームにノックアウト

「ブボバルセロナ」はスペインで採れるフレッシュな食材と厳選したフランス産の原料などを使ったナチュラルで奥深い味わいの高級パティスリー。そしてもうひとつ、大きな特徴は、パティシエだけでなくデザイナーも大きな影響を及ぼしていることです。専任のデザイナーが生みだす精巧でデザインコンシャスなパッケージは、またたく間に世界のチョコレートファンを魅了しました。

そんな味と美しさへのこだわりは、店舗に行けば余すことなく楽しめます。

甘いものがそこまで得意でない記者も、チョコマニア、スイーツホリックの異名を持つ編集部員も、2人が「これはおいしい!」と唸った、ケーキはこの3つです。すべて、"多層構造"になっていて、ひと口食べれば味いろんな味や食感が"七変化"しながら口いっぱいに広がります。

まずは、「ブボバルセロナ」を代表するチョコレートケーキ「Xabina(シャビーナ)」。パティシエの世界大会として知られる「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」で"Best Chocolate Cake(世界一のチョコレートケーキ)"を受賞。日本で開催された「サロン・デュ・ショコラ2016」では、初出展にも関わらず長蛇の列ができ、完売続出で話題になりました。

特徴は、スペインオムレツのような形状の天然バニラシロップを染み込ませたスポンジ生地と、底に敷いたシナモンやグローブなどのスパイスを混ぜたオリーブオイルケーキ生地。この2つが、チョコレートムースと、外側のなめらか〜なグラサージュと絡み合い、幸せな味になります。1番上のチョコレートマカロンも◎。価格は864円です。

記者イチオシは、高級豆「トンカ」を使用した「ameraka(ナメラカ)」。杏仁やキャラメル、バニラに似た香りを持つ「トンカ」のクリームがたっぷり入っているのですが、これが今までにないほどなめらかで濃厚でおいしい。一番下のクレープ生地やフィナンシェとよく合います。フランボワーズやバジルもいいアクセントです。価格は800円。

日本限定ケーキは柚子ムース入り!

日本限定で「サハラ」というケーキも気になりますよね。キャラメルバナナクリームを酸味のある柚子ムースで包んだ和感があるケーキです。底にはダックワーズココナッツと薄いミルクチョコレートが敷いてあって、まろやかで奥深い味が楽しめます。価格は692円。

贅沢なケーキはほかにもたくさん用意されています。口の中で"七変化"する楽しさ、1度味わってみて。

2Fのカフェでケーキやドリンクを楽しめますが、1Fは店舗。ケーキはもちろん、名物チョコやバレンタイン限定チョコもショーケースに並んでいます。

ここの「ジャンドゥージャ ラビオロ」(400円)もお試しする価値あり! いわゆる"パン"なのですが、舌の肥えた専門家も飛びつく品です。バルセロナではショコラやケーキと同じくらい人気があります。

程よい塩味のサクサクとしたクロワッサン生地の間に、濃厚でなめらかなジャンドゥージャ(プラリネとチョコレートを合わせたもの)を挟みこんでいて、ひと口食べればナッツとチョコレートの風味豊かなコクが広がります。

ほかにも、人気のボンボンショコラ「ボンボンセレクシオン」(1800円〜)や、スペイン本国で人気NO.1、大粒のナッツが入った「チョコフルーツ」シリーズ(2592円〜)も販売中。

バレンタインシーズンだけに登場するハートのロリポップ「チョコギモーヴ レッドハート」(432円)も見のがせません。

まずは早めに"調査"しに行くことをおすすめします。

場所は、東京都渋谷区神宮前5-6-5 Path表参道B棟。営業時間は11時〜20時。