Grand Podにはコンセント付きデスクと椅子も完備。ビジネス利用にもピッタリ

写真拡大

京都・三条の商業ビル「フェリチタ三条木屋町」の7階〜10階に、新型ホテル「THE PRIME POD 京都」が2月中旬にオープンする。

【写真を見る】客同士の観光情報の交換の場にも使えるラウンジスペースは、京都らしい和な雰囲気

「THE PRIME POD」は宿泊に必要な機能を厳選し、コンパクトながら“まゆ(Pod)”の中にいるような安心感・充足感が感じられる新型ホテル。2016年10月に東京・銀座でオープンした1号店に続き、国内で2つ目の開業となる。

同ホテルでは、“就寝”“グルーミング(シャワー、洗顔など)”の機能に特化することにより、リーズナブルな宿泊料金を実現。施設内に150あるユニットには、19インチのテレビ、ラゲッジスペース、セキュリティBOXが完備され、共用のサニタリーにはシャンプーやボディソープ、ヘアドライヤー、ランドリーコーナーも設置されている。

また、各フロアーにはカードキーによるセキュリティシステムも導入されているので、女性の一人旅でも安心して宿泊することができる。

ラウンジスペースでは、ホットドッグ(Pod Dog)やコーヒーなどの朝食、夜にはアルコールメニューの提供も予定されており、宿泊者同士やスタッフとのコミュニケーションのスペースになっている。

訪日外国人旅行者の増加や、おりからの京都観光ブームを背景に、宿泊施設が確保しづらい状況が続いていた昨今。三条通に面した、河原町と木屋町の間という好立地に誕生するホテルは、京都観光の新たな拠点になりそうだ。【関西ウォーカー編集部/スズキヒロシ】