パク・ヘジン主演ドラマ「マンツーマン」スチールカットを公開…“歴代級のスケール”から目が離せない

写真拡大 (全3枚)

JTBC新ドラマ「マンツーマン」側が、3日にハンガリーロケ撮影の模様を捉えた現場のスチールカットを追加公開した。

公開されたスチールカットでは、今回のドラマの大きなスケールを覗かせる要素が随所で見られ、写真だけでも視線を圧倒させた。

特にパク・ヘジンの他、オレンジ色の囚人服を着用した外国人の俳優たちが群がっている場面が圧巻である中、軍用トラックやヘリコプターを用いイ・チャンミン監督、映画「アジョシ」のアクションを担当したパク・ジョンリュル武術監督の合作で誕生した刑務所でのアクションシーンは、まるで戦場を彷彿とさせる大規模のスケールを予感させた。

昨年末、「マンツーマン」の俳優たちと現地のスタッフを含む約150人のスタッフはゲッレールトの丘、ジェルボー広場、セーチェーニ鎖橋、ブダペスト西駅からホテル、大学、聖堂、廃工場に至るまでハンガリー・ブダペスト市内の随所を行きまわり、今回の撮影を終えた。

制作陣は「ドラマでは表現できない映画的な完成度が加わり、第1話から強烈に視線を引きつけるだろう。ありきたりのスパイストーリーではなく、最初から最後まで目が離せないドラマになる予定で、レベルが違う洗練された映像、アクションシーンにも注目してほしい」と伝えた。

「マンツーマン」はNAVERのV.DRAMAチャンネルで一本の映画の予告編のようなハイクオリティの製作記映像の公開を開始し、放送前から人並み外れたスケールを誇っている。パク・ヘジン、パク・ソンウン、キム・ミンジョン、チョン・マンシクまで「マンツーマン」の主役のキャラクターを紹介した映像第1弾の公開を皮切りに、10日には映像第2弾が公開され、視聴者の関心を高める予定だ。

「マンツーマン」は超人気韓流スターのヨ・ウングァン(パク・ソンウン) の警護を引き受けた国家情報院のゴースト要員のキム・ソウと、彼を取り巻く隠された男(Man) たちの活躍を描くスパイアクションドラマだ。今年JTBCからそのベールを脱ぐ。