今季はエイバルで好調なパフォーマンスを見せる乾。日本代表への復帰も視野に入る。(C) Getty Images

写真拡大

 セレッソ大阪は2月3日、スペイン1部のエイバルに所属する乾貴士の申し出を受けて、今シーズンも「INUIシート」を設置することになったと発表した。
 
「INUIシート」は2012年にスタートして、今年で6年目になる。J1リーグとYBCルヴァンカップのC大阪ホームゲームのメインスタンドに、30席が設置され、毎試合30名の方を招待することになっている。
 
 この企画に際して、乾はクラブ公式サイトを通じ、「今シーズン、セレッソがJ1ということで、開幕するのを僕もとても楽しみにしています。新しい監督、新しい選手も加わって、どんなふうに戦っていくのか本当に楽しみです」とのコメントを発表。古巣に大きな期待を寄せている。
 
 さらに今季は、普段から仲の良い清武弘嗣がセビージャからC大阪への復帰を決断。乾は自身のブログで清武の帰国を惜しみつつ、「キヨ、セレッソ優勝させろよ!! 頑張れ!! キヨらしく、明るく、楽しく(^^)」と盟友にエールを送っている。