トランプ政権の国務長官にロシア寄りのティラーソン氏が就任した。中ロ蜜月が崩れ南シナ海に関しても荒れ模様だが、しかしティラーソン氏は一方では中国にも食い込んでいる。中国はどう見ているのかを考察する。

ティラーソン国務長官就任を批判する中国

2月1日、アメリカの石油最大手エクソンモービル社のCEOだったレックス・ティラーソン氏がトランプ政権の新国務長官に就任した。

ティラーソン氏はこれまで、ロシア政府や経済界とのつながりを厳しく問われていた。というのも、エクソンモービルCEO時代に、ロシア最大の国営石油会社ロスネフチとの間に数十億ドル規模の取引をまとめるなど、ロシアとの取引が多く、2013年にはロシア政府から「友情勲章」を与えられたりしているからだ。そのためプーチン大統領とも非常に仲がいい。

中国でも、そのことに関心が集まり、1月17日付の本コラム「露ハッキング喜ぶ中国――トランプ・プーチン蜜月を嫌い」など、これまで何度も書いてきたように、習近平国家主席はプーチン大統領がトランプ大統領と仲良くなるのを嫌っていた(妬んでいた?)。

オバマ政権ではロシアがクリミアを合併するなどのウクライナ問題により、ロシアに対する激しい経済制裁を加えることによって、政権末期の弱腰さを批判されないようにしてきた。そのためG8からロシアをはずすなどしたために、孤立化したプーチン大統領はおのずと習近平国家主席に近づき「習近平・プーチン」蜜月が続いていた。

だから、トランプ氏が大統領選のときからプーチン大統領を「いい男だ」と認める発言をしていたことに関して、中国では苛立ちのにじむ報道が目立っていた。

そこへプーチン大統領と仲がよく、ロシア経済に食い込んでいるティラーソン氏が国務長官になどなったら、おもしろいわけがない。

おまけにティラーソン氏はこれまで、激しい対中強硬姿勢を見せ、南シナ海に関しても「人工島建設を直ちにやめること」とか「中国は南シナ海の関係島嶼に進入してはならない」など、厳しい発言を繰り返してきた。トランプ大統領の周りには、そうでなくとも「狂犬」(あるいは「戦う修道士」)のあだ名を持つジェームズ・マティス国防長官など、対中強硬派が多い。

遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)