甘酸っぱさと微発砲が楽しめる「小梅ラムネ」(オープン価格)

写真拡大

ロッテは、キャンディ「小梅ちゃん」シリーズから、甘酸っぱく微発泡の「小梅ラムネ」(オープン価格)と5種類のフルーツ果汁のキャンディの「小梅と小彩の日本紀行キャンディ」(オープン価格)の2種類の新製品を2月7日(火)から発売する。

【写真を見る】5つの味が楽しめるキャンディ「小梅と小彩の日本紀行キャンディ(袋)」(オープン価格)

「小梅ちゃん」は、イラストレーター・林静一が描いた女の子の横顔が特長の梅味のキャンディ。日本髪で着物姿の女の子のイメージにぴったりの甘酸っぱい味で長く親しまれてきた。「小梅ラムネ」は、キャンディの甘酸っぱい味がそのままラムネになったもの。ラムネはピンクのハート型の可愛い見た目で、口に入れると甘酸っぱさと微発砲が楽しめる。

「小梅と小彩の日本紀行キャンディ」は、小梅ちゃんのいとこの小彩ちゃんが日本各地の果物のおいしさを届けるというコンセプトで、山形県産佐藤錦の果汁を使用した「初恋さくらんぼ味」、長野県産巨峰の果汁を使用した「ぶどうソーダ味」、佐賀県産さがほのかの果汁を使用した「いちごヨーグルト味」、高知県産ゆずの果汁を使用した「はちみつゆず味」、和歌山県産南高梅の果汁を使用した「はちみつ梅味」の5種類のキャンディが入っている。

また、オリジナルの「小梅(袋)」(オープン価格)と、ソフトキャンディ「小梅ソフトキャンディ」(オープン価格)もSNSに投稿された恋のフレーズを掲載した新デザインが2月7日(火)から登場。どこか懐かしい甘酸っぱい味で甘酸っぱい思い出がよみがえるかも?【東京ウォーカー】