「ミッシングナイン」チョン・ギョンホ、チェ・テジュンを殴る“生きていた”

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チョン・ギョンホが生きていた。

2日、韓国で放送されたMBC水木ドラマ「ミッシングナイン」では、イ・ヨル(EXO チャンヨル) と喧嘩をして彼を殺し、海に流すチェ・テホ(チェ・テジュン) の姿が描かれた。

チェ・テホは彼が死んだにも関わらず大きな罪悪感を感じなかった。その後、山に登ったチェ・テホ。

その時、誰かがチェ・テホを蹴った。彼はソ・ジュノ(チョン・ギョンホ) だった。ソ・ジュノは生きていたのだ。ソ・ジュノは海の向こうに孤立しているラ・ボンヒ(ペク・ジニ)、ユン・ソヒ(リュ・ウォン) を探すために発った。