J-CASTの「わんこ記者」であるカス丸

写真拡大

ジェイ・キャスト(東京都千代田区)は2017年2月3日、同社イメージキャラクター「カス丸」を題材にした、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」向けのクリエイターズスタンプ「カス丸」を発売した。プライベートやビジネスで使える「あるあるネタ」を24の絵柄で表現している。

カス丸は青い柴犬をモチーフにした、ネットニュースの「わんこ記者」という設定のキャラクターで、14年2月に若手社員を中心に企画された。16年には着ぐるみを制作し、「ゆるキャラグランプリ2016」へエントリー。現在は、同社運営の「J-CASTニュース」「東京バーゲンマニア」「Jタウンネット」などのウェブメディアに限らず、イベント参加などオフラインでの活動にも取り組んでいる。

スタンプ発売にあたって、カス丸は次のようにコメントしている。

「みんなも、このスタンプを使って、カス丸みたいに仕事をエンジョイしようじぇい! 買ってくれないと、カス丸の給料が下がっちゃうから、購入よろしくお願いいたしきゃすぅ!」

これまで配布用のノベルティーはあったが、カス丸のグッズ販売は初めて。価格は120円(50コイン)。LINEアプリ内の「スタンプショップ」か、ブラウザから「LINE STORE」で購入できる。