食事制限をしなくても痩せられると評判の「チコライド」という成分を知っていますか? 血糖値が上がるのを抑制し空腹感を抑えてくれるということで、ダイエット用サプリなどで売れている「チコライド」について調べてみました。

チラコイドってどんな成分なの?

ほうれん草に多く含まれている成分のひとつで、緑の葉の中に存在する葉緑体の中にあります。ビタミンやタンパク質などと違い、複雑な構造をしているため成分自体の説明は難しいのですが、この成分がダイエットに効果があると話題になっているのです。

主な効果は、空腹感を軽減できること、血糖値の上昇を穏やかにして脂肪の蓄積を抑えること、食欲増進のホルモンであるグレリンの分泌を減らして食欲制御ホルモンであるレプチンの分泌を促すこと。この3つの効果で「厳しい食事制限をしなくても痩せることができる」と話題になっているのです。

主にサプリメントや置き換えが人気

ほうれん草に多く含まれている成分のチコライドですが、ほうれん草を食べるだけでは摂取が難しいようです。その原因は、人間の体はチコライドを直接分解・吸収することができないため。チコライドは葉緑体の中にある膜と結合しているため、スムージーのように潰したり圧搾するだけでは吸収できないそうなのです。

そこで、チコライド成分を抽出したサプリや健康食品などが人気になっています。美や健康に敏感な海外のトップモデルや日本の芸能人もダイエットのため・美しさを維持するためにチコライドをとり入れていると話題になっているのです。

どのようにして摂り入れればいいの?

チコライドを抽出した健康食品やサプリメントが販売されています。日本で購入できるのは「チコラル」という粉末状の健康食品で、水や豆乳、ヨーグルトなどに混ぜて飲むタイプ。チコライドの空腹を抑える時間は6時間程度といわれており、朝食や昼食に置き換えることで空腹感なくダイエットを実行できるということ。

昼食は完全に置き換えても食べても効果は出るようです。チコライドを摂取することで自然と間食や過食を抑えてくれ、脂肪が蓄積されるのも防いでくれるため、無理なくダイエットができるのは注目したいですね。

普段からたくさん食べたり間食や夜食をする習慣がなく、運動不足などで太る傾向がある人にはチコライドのダイエットは向いていません。ついつい間食をしてしまう、ご飯が大好きで食事を控えるなんて無理! 仕事柄外食が多めという人には効果がしっかりあるようですよ。


writer:しゃけごはん