写真提供:マイナビニュース

写真拡大

野村不動産アーバンネットは2月2日、「住宅購入に関する意識調査(第12回)」の結果を発表した。調査は1月12日〜19日、不動産情報サイト「ノムコム」の会員1,339人を対象にインターネットで行われた。

不動産について、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせた44.6%(前回比3.5ポイント減)が「買い時」と回答。一方、「買い時だと思わない」の回答は31.2%(前回比3.4ポイント減)で、「買い時だと思う」と「買い時だと思わない」の回答がともに減り、「わからない」の回答が増加した。

今後の不動産の価格については、「下がると思う」の回答が27.3%(前回比3.4ポイント減)となり、「上がると思う」の回答23.2%(前回比1.4ポイント減)を上回ったが、「下がると思う」の比率が減少したのは、2013年7月調査以来3年半ぶりという。

住宅ローン金利については、「金利は上がっていくと思う」が36.1%(前回比13.6ポイント増)、「ほとんど変わらないと思う」が45.7%(前回比13.7ポイント減)、「金利は下がっていくと思う」が4.3%(前回比4.0ポイント減)となった。

現在、持ち家に住んでいて売却する意向がある人に、「不動産の売り時感」を伺ったところ、「売り時だと思う」「どちらかと言えば売り時だと思う」を合わせた71.7%が「売り時」と回答。東京都在住に絞ると「売り時」は86.3%となった。売り時だと思う理由については、「不動産価格が上がったため」の回答が最も多く46.0%、次いで、「住宅ローンが低金利で買い主が購入しやすい環境だから」の回答が40.1%となった。