「アイドル陸上大会」出場で話題!H.U.B日本人メンバーのRUI“デビューの良いスタートが切れました”

写真拡大 (全2枚)

2017年「アイドル陸上大会」のサプライズスターはRUIだった。

韓国で先月30日に放送されたMBC旧正月特番「アイドルスター陸上・アーチェリー・新体操・エアロビクス選手権大会」でRUIは陸上女子60mに出場し、堂々の金メダルを獲得。強力な優勝候補だったGFRIENDのユジュ、gugudanのキム・セジョンを抑えた圧倒的な結果だった。

まさに奇跡だった。彼女が所属するガールズグループH.U.Bはまだデビューもしておらず、ソロ歌手としてデビューはしたものの、メジャーとなることには失敗している。ほぼ“知名度ゼロ”の歌手だったが「アイドル陸上大会」以来、ポータルサイトの検索ワードに上がり、次々と関連記事が出てきた。

それこそサプライズスターの誕生だ。歌手になるため、日本から韓国へ来て4年ぶりに名前を知らせることに成功したRUI。果たしてこの勢いでH.U.Bのデビューを成功させることができるかどうか、期待が集まっている。

−1位になりました。感想は?

RUI:日本にいたときも「アイドル陸上大会」には出演したいと思ってました。まさか金メダルまで取るなんて本当に驚きましたし、気持ち良いです。実は出場を危ぶまれる危機もありました。試合1週間前に足に何かが落ちてケガしたんです。すぐにハリ治療も受けましたが、練習時間が足りなくてかなり心配しました。それでも1位になれて、本当に幸せです。

−試合に出たときは足が痛くありませんでしたか?

RUI:走っている間は何も考えませんでした。「1位にならなきゃ」という思いだけでした。痛みも感じず、一生懸命走りました。

−金メダルを取った時に真っ先に思い出したのは誰ですか?

RUI:メンバーを思い出しました。そして母と会社の代表も思い出しました。一人だけじゃなくて、その瞬間に色々なことが走馬灯のように頭を駆け巡りました。涙が出るのをじっと我慢しましたが、メンバーが泣いたので、私も泣きました。

−運動神経が良さそうに見えました。

RUI:中学時代に学校のクラブで1年くらいバスケットボールをしていました。それ以来運動はしていません。走るのも本当に久しぶりです。

−金メダルを取った後は飲み会もしたでしょう。

RUI:その日、すぐにメンバーとバラ豚パーティーをしました。

−ライバルは誰でしたか。

RUI:銀メダルを取ったGFRIENDのユジュ先輩です。とても速く走る方で、オーラもすごかったです。終わってから互いに「お疲れさまでした」と挨拶しました。

−放送当日から今までRUIが話題になっています。

RUI:まだ1位になったことが信じられません。知っていただいてファンができたら、これからはステージで良い姿をお見せしたいです。2月初め頃にデビューする予定で、今回の「アイドル陸上大会」が良いスタートになったと思います。

−(ウサイン・ボルトにかけて) “ルサインボルト”というニックネームも付きました。

RUI:最初は意味が分かりませんでした。ハハハ。そんな有名なスポーツスターと比べられるなんて感動です。

−間もなくガールズグループとしてデビューを控えています。グループの自慢したいところはどこですか。

RUI:多芸多才なグループです。私たちのグループリーダーはアメリカに住んだことがあるので英語が上手で、私は日本語が話せます。メンバーの中には作詞作曲ができる子もいるし、ダンスを作れるメンバーもいます。色々なことができるグループで、違う色に見えるのではないかと思います。ああ、スタイルも違います。かわいらしさやセクシーな感じよりは、ガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性) の雰囲気を伝えたいと思います。

−韓国で歌手として活動したいと思ったきっかけは何ですか。

RUI:母が先に韓国が好きでした。母に韓国の文化をたくさん学んで、私は4Minuteのキム・ヒョナ先輩が好きでした。音楽もそうですし、スタイルも自分だけのものがあって本当にカッコイイです。私は高校時代にモデルをしていましたが、それよりも踊ることや歌を聴く事の方がもっと好きでした。日本の音楽よりは韓国の音楽が好きでした。特にアイドルの群舞やスタイルにハマッていたと思います。それで、韓国でアイドルスターになりたいと思いましたし、歌手という夢を持って韓国に渡ってきて、もう4年目になります。

−4年間準備する中で大変な時間もあったと思います。

RUI:たくさん泣きました。メンバーが決まるまでたくさんの人が通り過ぎていきました。仲良くなったと思ったら去っていってしまうし、また新しいメンバーが入ってくる時間が過ぎて、ある瞬間私一人だけ残っていることもありました。頼りにしていた友達が出て行ってとても胸が痛かったです。韓国に来るために日本でバイトをしましたが、そのお金が底を尽いた頃、精神的にも不安でした。お金が稼げるように、早く仕事がしたかったです」

−いよいよデビューが目前になりました。感想はいかがですか?

RUI:2017年が始まるやいなや、良い機会を頂いて良いスタートをすることになったと思います。2月初めにデビューする私たちグループがうまくいって、たくさんの方に私たちを知っていただきたいと思います。「アイドル陸上大会」を見守ってくださった皆様、これからも応援のほど、よろしくお願いします。頑張ります。