「宇宙の星が」EXO スホ&ジウ、お互いを見つめながらキスを交わす

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
EXOのスホとジウが本当の恋愛を始めた。

2日に韓国で放送されたMBC「宇宙の星が」ではビョリ(ジウ) と本格的に恋愛を始めるウジュ(EXOのスホ) の姿が描かれた。ウジュは曲作業が進まずにいらいらし、マネージャーは恋愛をしてみるのはどうかと話す。ウジュは自身を追いかけるビョリを私生ファン(サセンペン:芸能人を私生活まで追いかけるファン) だと思って、ビョリを利用する気でデートを申し込んだ。

2人はレストランにも遊園地にも行って、本当の恋人のように過ごす。嘘のデートだったが、ビョリと一緒にいる内にウジュはビョリへの感情が膨らんでいった。

ウジュはビョリが自身の家の庭で遊んでいることを愛らしく見つめ、ビョリにハグをした。ウジュはビョリのおかげで曲の作業が順調に進み、レコーディングをすることになったが、スタッフたちはウジュが私生ファンを利用して曲を作ったとビョリをけなすような発言をし、それを聞いたビョリはショックを受けた。

これを知ったウジュはビョリに「君も僕のことを本当に好きなわけではないと思う。僕が好きな君の感情が好きなんだ」と話す。そしてウジュはビョリにキスをしようとしたが、ビョリはキスを避けた。自身の願いが全部叶うと天国に行かなければならなくなるためだ。

そしてビョリは7年前に自身を救ってくれた人がウジュではなく、救急隊員のセジュであることを思い出す。自身の赤い糸の男がセジュであることを知り、彼に自身がどんな人だったかを聞く。しかし、生前のことを思い出すことはできなかった。

最後にビョリは、ウジュからもらった携帯をマネージャーに渡し、セジュと遊園地で会うことにした。しかし、セジュはその時火事が起きて現場に向かったため、ビョリとの約束を守ることができない状況になってしまった。ビョリは雨に打たれながらセジュを待ち続け、ウジュはビョリから渡された携帯に保存されているビョリとの写真を見ながら、ウジュを探しに遊園地に向かった。

ビョリを見つけたウジュは、ビョリを見つめながら「救われた気分だ」と言い、キスをした。