写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは3日、日本語検索のアルゴリズムをアップデートし、Webサイトの品質評価方法を改善したと発表した。検索結果の表示順について、有用なコンテンツを上位に、低品質なコンテンツを下位にする適切なものに変更したという。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図したもの。Googleは、今回のアップデートにより、「有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がる」と説明。そのため、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、上位に表示されるようになるという。

Googleはこの変更で日本語検索の問題すべてを解決できるとは考えていないが、検索品質向上のため、継続的にサイトの品質評価アルゴリズムを改善していくとする。