シャンドン ロゼ「花鳥風月」をイメージしたボトル登場 - 米津智之が桜・牡丹などを現代的に表現

写真拡大

オーストラリアのプレミアム スパークリングワイン「シャンドン ロゼ」から、米津智之がデザインした日本限定ボトル「シャンドン ロゼ CHANDON ROSÉ BY TOMOYUKI YONEZU」が登場。2017年2月21日(火)より販売される。

東京のカルチャーを世界に発信するクリエイティブユニット「EROTYKA TOKYO PARIS」のアートディレクターを務める米津智之。シュウ ウエムラ(shu uemura)や、ジバンシイGivenchy)のパルファムなどインターナショナルなブランドとも数多くコラボレーションし、日本特有の美意識を極めたアート性の高い作品を生み出している。

そんな米津がデザインしたロゼのボトルのテーマは、「花鳥風月」だ。四季折々の美しい自然の風景や移ろいを愛おしむ日本人特有の美意識を、現代的にアップグレードした。ボトルには、桜や牡丹、椿、そして鳥や蝶などが抽象的に描かれ、スタイリッシュなデザインに仕上げられている。ピンクや紫でまとめたカラーは、華やかさと渋みが共存する日本的な美を感じさせる。お花見の時期にもぴったりの1本だ。

【詳細】
シャンドン ロゼ CHANDON ROSÉ BY TOMOYUKI YONEZU
発売日:2017年2月21日(火)
販売店舗:業務店、高級小売専門店、百貨店など
価格:3,200円+税
※価格及びボトル内のスパークリングワインは、通常商品の「シャンドン ロゼ」と同じ内容。

【問い合わせ先】
MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社
TEL:03-5217-9733


[写真付きで読む]シャンドン ロゼ「花鳥風月」をイメージしたボトル登場 - 米津智之が桜・牡丹などを現代的に表現

外部サイト

  • ソニー「ウォークマン」など歴代名機がモチーフのポーチやロゴウェア、ザ・パーキング銀座とのコラボ
  • ミントデザインズの個展が東京・銀座にて開催 - プロダクトの制作背景やアイデアソースを展示
  • アフタヌーンティー・ティールームで“猫づくし”の限定メニュー - まんまる肉球のパンやネコ型クッキー