コン・ユ主演ドラマ「鬼」スペシャル版が本日(3日)放送…NGシーンから爆笑必須のエピソードまで大公開

写真拡大 (全3枚)

「鬼」スペシャル版でコン・ユ、イ・ドンウクらのビハインドストーリーが公開される。

韓国で放送終了となったtvN金土ドラマ「鬼」(脚本:キム・ウンスク、演出:イ・ウンボク) のスペシャル版「鬼召喚スペシャル」が、3日午後6時40分から韓国で放送される。

「鬼」スペシャル版についてコン・ユは「皆さんの鬼曜日はまだ終わっていない」とし「全部終わったと思っていたのに困ったな」と言い、期待を高めた。

「鬼」スペシャル版ではコン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク、ユ・インナ、BTOBのソンジェらの撮影現場でのビハインドストーリーやNGシーン、そして爆笑必須のエピソードまで公開される予定だ。

「鬼」は放送中大きな話題となり、視聴率20.5%でドラマの歴史の1ページを飾った。そのため「鬼」スペシャル版にも視聴者の関心が集まると見られる。

「鬼」は不滅の人生を終わらせるために人間の花嫁が必要な鬼(コン・ユ) と、不思議な同居を始めた記憶喪失の死神(イ・ドンウク)、そんな彼らの前に“鬼の花嫁”と主張する死んでいるべき運命の少女(キム・ゴウン) が登場して繰り広げられる神秘的でロマンチックな物語だ。