イ・ダヘ、恋人SE7ENとの出会いに言及「イメージが悪くて悩んだ」

写真拡大

女優イ・ダヘが恋人のSE7ENに対して、交際前は「イメージが悪かった」と告白した。

2日に韓国で放送されたケーブルチャンネルtvN「人生酒場」ではイ・ダヘ編が公開された。

恋人SE7ENとの初めての出会いに対する質問に、イ・ダヘは「親しい関係ではなかったが、元々知り合いだった。除隊後、二人とも知っている知人がいて、夜に電話がかかってきた。『SE7ENと一緒にいるけど来ない?』と言われた」と話した。

イ・ダヘは「『SE7ENとお酒を?』と思った。私も当時、周りの人たちと同じようにSE7ENに対するイメージが悪かった」とし、「『私が夜に一緒にお酒を飲むなんて、ダメだ』とも思った。私は芸能人であるにも関わらず、ずるかったと思う」と語った。

しかしイ・ダヘは「当時、もしその場に行っていなかったら、私の人生において最も後悔する出来事になっていただろう」とSE7ENへの愛情を示した。

・SE7EN&女優イ・ダヘ、熱愛を認める