写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ポルシェ ジャパンは2日、装備を充実した「カイエン」の新しいモデル「カイエン S プラチナエディション」の予約受注を3月1日から全国のポルシェ正規販売店で開始すると発表した。

「カイエン S プラチナエディション」では、標準装備として21インチ カイエンスポーツクラシックホイール(サテンプラチナ仕上げ)を装備。「カイエン GTS」由来のアルカンターラ・シートセンター付8-wayレザー仕上げスポーツシートをはじめ、快適性を向上する装備も多数採用している。

エクステリアはブラックとホワイトのスタンダードボディカラーに加え、「ジェットブラック」「マホガニー」「パープライト」「キャララホワイト」「ロジウムシルバー」の計5つのメタリック塗装仕上げのオプションを用意。エクステリアパッケージには、ハイグロスブラックのディテール、リアのティンテッドプライバシーガラス、ボディカラー同色塗装のホイールアーチエクステンションが含まれている。

さらに、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)を組み込んだバイキセノンヘッドライト、パワーステアリング・プラス、パークアシスト(リバーシングカメラ付き)も装備した。

その他、特別感を高める装備として、フロントドアエントリーガードには「Platinum Edition」の文字をあしらい、前後外側シートのヘッドレストにポルシェ クレストを冠した。フロントシートヒーター、オンラインナビゲーションを含むポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)、コネクト・プラスモジュール、BOSEサラウンドサウンドシステムも標準装備となる。価格は1,217万円(税込)。

(山津正明)