ビッグモチーフ。重ね付け。春はシルバーアクセサリーで自分をもりあげる

写真拡大

春、冬服を脱ぎ捨て、肌の露出が少しずつ増えてくる。

気分が自然と前へ、前へと押し出されます。

そんな春の訪れは、シルバーのアクセサリーと一緒に迎えたい。

挑戦したいのは、ポジティブになれるビッグモチーフ

シルバーは、昔から「身につけるだけでしあわせになれる」と言われてきた色。

光を反射してさらに輝きを増すシルバーのきらめきには、女性の凜とした力強さや艶っぽさが秘められているような気がします。

シルバーアクセサリーはシンプルなので、どんなコーディネートにも合わせやすく、自分の表現したい自分に合わせて選ぶことが可能。

なかでも、挑戦してみたいのは、春のポジティブな気分を後押ししてくれるビッグモチーフや重ね付け。

「ステイトメントネックレス」と呼ばれている大ぶりなモチーフのネックレスは、身にまとうだけで、自分らしさや主張を代弁してくれるようです。

シャツ×デニムというシンプルなスタイルも、シルバーのバングルを取り入れるだけで、いっきに爽やかでヘルシーな印象に。

華奢すぎない、少し太めのデザインがいつものコーディネートをワンランクアップしてくれます。

昨年までよく見られたデザインよりも、かなり大ぶりになったチェーンブレスレット。

ブレスレットだけで見ると、派手で強そうな印象を受けるけれど、それが逆に女性らしい腕の細さを強調してくれて、セクシーな雰囲気を醸し出してくれます。

今季も引き続きチョーカーは取り入れたいアイテム。でも、昨年とは違って、まるで意見を主張しているようにインパクトのあるチョーカーがいまの気分。

シンプルなシルバーネックレスと重ね付けすることで、これまでのチョーカースタイルになかったスパイスが加わります。

シンプルなデザインのピアスだって、大ぶりなものをチョイス。シルバーなら、ほどよい艶やかさを与えてくれるんです。

顔まわりがいっきに華やかになり、新鮮な風が吹き込みます。

インパクトのあるネックレスって、なかなかコーディネートが難しい...。

そんなときも、カジュアルなアイテムと合わせることで、ネックレスが主役になって、全体のバランスがきれいにまとまります。

ビッグモチーフと同じくらい迫力を出してくれるのは、シルバーアクセサリーの重ね付け。

昨年までは華奢なアイテムが多く見られたけど、今年はちょっとゴツめで太いアイテムが浸透中です。

なりたい自分をシルバーアクセサリーに託す

ファッションやアクセサリーが自分の主張を代弁してくれるいま。

媚びない自分。負けない自分。強い自分――。

そんな、なりたい自分への願いをシルバーアクセサリーに託して、一歩踏み出してみるのもいいかも。

春。シルバーの輝きとともに、自分も輝きます。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

普通さいらない。トレンド無視。2017年春のファッションはますます自由

・2017年、春。レタードファッション

・【人気連載】ジョン・レノンと私、大して変わりやしない