「奪い愛、冬」第3話もドロキュンが止まらない!/(C)テレビ朝日

写真拡大

毎週金曜に放送中の“ドロキュン”ラブストーリー「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)が、さまざまな登場人物たちの愛と嫉妬の炎同様に日本の冬を熱く燃え上がらせている。

本作は特に動画配信で記録的な数字をマークしており、テレ朝キャッチアップ、TVer、GYAO!での無料見逃し配信と、AbemaTVでの配信を合わせ、テレビ朝日史上最速でのべ100万視聴を突破。その勢いは止まることを知らず、2月1日まででのべ120万視聴を突破している。

また、auの動画配信サービス「ビデオパス」では、配信開始から6日連続で、国内ドラマ視聴ユニークユーザー数デーリーランキング1位を獲得。ビデオパス全体視聴ユニークユーザー数デーリーランキングでも、配信開始から5日連続で1位を獲得(共に、集計期間は1月21〜26日)した。

実は「奪い愛、冬」は、若い女性を中心に反響を呼んでおり、新しいエピソードが放送されるたびにSNS上でも話題沸騰。「友達からすごく笑えるからオススメ!って言われて観たんだけど、なにこれお腹抱えて笑ってしまう。すごいわぁ、これはハマるかも」「やっば―、もう寿命縮まる こんなドロドロ待ってた、はー楽しい、爆笑」「“奪い愛、冬”ほんと笑えちゃうくらいにもうドロドロよ! このドロドロさにハマるんだよね」」など、「奪い愛、冬」にハマった人の声が多数あふれ、大きな盛り上がりを見せている。

何とも言えない中毒性の高さで、じわじわと根強いファンを増やしている本作。まだ見たことがない人も、今からでも遅くないし、むしろ今見ないともう遅いので、この独特な世界観を体感してみては?

そして2月3日(金)の第3話では、主人公・光(倉科カナ)と、光の婚約者・康太(三浦翔平)が熱海へ一泊温泉旅行に出掛け、貸し切り露天風呂で愛を叫び合うというシーンが放送される。

どこまでも広がる青空の下、幸せそうに肩を並べ、温泉を楽しむ2人。空に向かってお互いの好きなところを叫び合い、愛を確かめる2人の姿は、まさにドロキュンの“キュン”の真骨頂だ。

しかし、キュンキュンだけで終わらないのが「奪い愛、冬」。こんなラブラブなシーンの後には、すぐさまドロドロとしたシーンへ突入する。

既婚者の元恋人・信(大谷亮平)への未練が吹っ切れない光は、「私を幸せにしてくれるのは康太だけ」と自分に言い聞かせながら旅行へ。

康太は康太で、光が今も信の誕生日をスマホの暗証番号にしているのではないか…と疑い、光のスマートフォンが気になって仕方ない…。しかもこの混浴の後、結婚に猛反対する康太の母・美佐(榊原郁恵)によって、とんでもないことが起きてしまう。

さらに、「既にホラー!」と話題の信の妻・蘭(水野美紀)も本領を発揮し、ともに阿鼻叫喚の展開に…。温泉旅行シーンを機に、さらに激しく炎上していく“嫉妬と愛”の“激”場「奪い愛、冬」。寒いのに寒くないと強がっているような人にこそ、この燃え盛るような物語を堪能してほしい。