2日、韓国経済新聞によると、サムスン電子が、次期モデル「Galaxy S8」のバッテリーに、日本メーカー製を採用することが明らかとなった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は中国のサムスン製スマホ販売店。

写真拡大

2017年2月2日、韓国経済新聞によると、サムスン電子が、次期モデル「Galaxy S8」のバッテリーに、日本メーカー製を採用することが明らかとなった。

関連業界によると、サムスン電子が4月に発売する「Galaxy S8」に入るリチウムポリマーバッテリーに、サムスン SDI製と、昨年6月ソニーのバッテリー事業を買収した村田製作所製を採用する。サムスン電子のバッテリー供給元が中国企業(ATL社)から日本企業に代わることに、業界では「サムスン電子がバッテリーメーカーを変更したのは、昨年製造中止にまで追い込まれ7兆ウォン(約6900億円)の損失を出した『Galaxy Note7』の発火・爆発事故が大きな影響を及ぼしている」と見ている。サムスン電子は先月23日、「Galaxy Note7」の事故原因がバッテリーの欠陥であったことを発表している。

サムスン電子が次期モデル「Galaxy S8」のバッテリーを中国企業から日本企業に変更したことに、「中国製は品質より価格優先だから」「品質を重視するなら一度中国製部品を全て外した方が良い」「やっぱり中国製より日本製の方が良いだろ」「サムスン電子の選択は優れている。日本企業の場合、問題が発生しても、それを調査し、問題の原因を解決する能力がある。日本の技術力とサムスンが出会ったら、素晴らしい相乗効果が期待される」など、日本企業に期待する声が多く寄せられた。また、「サムスンSDIも事故を起こしたバッテリーを製造していたのに、供給させるのか」など、グループ企業への対応の甘さに批判的な意見もあった。(翻訳・編集/三田)