「ちょっぴり贅沢なおとなの甘酒生チョコ」(1350円)

写真拡大

大人のバレンタインにいかが。

【写真を見る】「抹茶」と「焙茶」に続く、新フレーバー

静岡県島田市の和茶倶楽部株式会社は、「ちょっぴり贅沢なおとなの甘酒生チョコ」(1350円)をインターネットサイトやASTY静岡グランドキヨスク、静岡空港などで販売している。

「ちょっぴり贅沢なおとなの生チョコシリーズ」において、「抹茶」と「焙茶」に続く、新フレーバー。地元静岡県の老舗酒造である、大村屋酒造場の純米大吟醸「おんな泣かせ」の酒粕と酒粕粉末を35%以上練り込んでいる。大吟醸を思わせるフルーティーな香りと豊かな風味で、お米のつぶつぶ食感を残してひと粒でかなり濃厚な味を楽しめる。

また、ベースとなるホワイトチョコレートは国産クーベルチュールで、添加物を極限まで抑えた安心の素材を使用。和素材・国産原料と製法にこだわり、“島田市公認ブランド「島田の逸品」2016”に認定されている。

日本酒のおつまみとしても相性抜群の逸品。アルコール度数は約2%ということに注意すれば、バレンタインギフトとしてうってつけのスイーツと言える。【ウォーカープラス編集部/コタニ】