キャンピングカーショーでテリー伊藤さんが「ジゴロなキャンパー」宣言!

写真拡大 (全6枚)

ジャパンキャンピングカーショー2017が幕張メッセで開催中

2017年2月2日に開幕したジャパンキャンピングカーショー2017で、キャンピングカー好きの著名人に贈られるキャンピングカーアワードの受賞式が行なわれた。昨年に続き、今年もテリー伊藤さんが受賞し、副賞として長野県のキャンピングカービルダー、フロットモビール製作の「シュピーレン」1年レンタル権が授与された。  

カーマニアとして知られるテリー伊藤さんだが、じつは19歳のときにキャンピングカーを自作したほどのキャンピングカーマニアでもある。

昨年の受賞で貸与された軽キャンパーのインディ727(インディアナRV製作)では、大好きな海に行ったり、ジョギングのベースキャンプとして、さらにお台場に出かけて車中泊してみたりと、思う存分キャンピングカーライフを満喫したそうだ。  

テリー伊藤さんは、キャンピングカーの楽しみ方のひとつとして、「(自然のなかのでのキャンプもいいけれど)田舎暮らしの人が都会に来て、東京の夜景を見ながらアウトドアを楽しむのもいいよね。それと、ほのぼのしたキャンピングカーもいいけれど、ギラギラした……なんかしでかしてやろう的なキャンピングカーもありだよね。ジゴロなキャンピングカーだっていいわけだから。俺はどちらかっていうとジゴロなキャンパーになりたい!」と話した。

テリー伊藤さんには、副賞としてキャンピングカー「シュピーレン」の1年レンタル権が贈呈された。ベース車両はトヨタ・ライエースで、全長4045×全幅1665×全高1900弌粉控だ霑着車1980弌砲肇織Ε鵐罅璽垢任亮茲蟆鵑靴僕イ譴燭舛腓Δ匹いぅ汽ぅ困離灰鵐僖トキャンパーだ。

1列目バタフライシート+後席折りたたみ式ベッドにより、大人2名がゆったり就寝できるスペースに加え、ミニシンク+5L排水タンク、サブバッテリー105Ah+走行充電システムなどを兼ね備えている。

なおジャパンキャンピングカーショー2017は、2月5日(日)までの4日間、幕張メッセ・1〜4ホール(千葉市美浜区)で開催中。今回は「クルマに、もっと物語を。」をテーマに過去最大・アジア最大級300台以上の展示規模を誇り、キャンピングトレーラーから軽キャンパーまで多彩なキャンピングカーが勢揃いしている。

また、雑誌CARトップの連載企画「CT DOG」でおなじみの自動車ジャーナリスト、青山尚暉さんのトークショーや、「PEACE LIFE PEACE PET」の企画ゾーンなど、ドッグフレンドリーな催しも盛りだくさん。この機会に日本最大のキャンピングカーイベントにぜひ足を運んでほしい。

イベント概要

ジャパンキャンピングカーショー2017

■会場:幕張メッセ 国際展示ホール1・2・3・4ホール

■主催:ジャパンキャンピングカーショー2017実行委員会

■公式サイト:http://www.campingcarshow.net

■会期:2月2日(木)10時〜17時(プレス・ビジネス内覧会 10時〜12時)

2月3日(金)10時〜18時

2月4日(土)10時〜18時

2月5日(日)10時〜17時

■入場料:大人(高校生以上)1000円、小人(小・中学生)600円※未就学児無料