1

Mozillaがスマートフォン・タブレット・スマートTV向けの「Firefox OS」の開発から撤退を決め、Firefox OS関連部署から50人の従業員を解雇したことが判明しました。

Firefox fail: Layoffs kill Mozilla's push beyond the browser - CNET

https://www.cnet.com/news/mozilla-layoff-firefox-device-relevance/



Mozilla gives up on Firefox OS, lays off 50 | Ars Technica

https://arstechnica.com/gadgets/2017/02/mozilla-ends-firefox-os-connected-device-ambitions-lays-off-50/



Mozillaはスマートフォン向けのオープンソース・プラットフォームとして「Firefox OS」を開発し、日本でもauからFirefox OS搭載スマートフォンが販売されています。しかし、Androidからスマートフォン市場のシェアを奪うことはできず、リリースからわずか2年がたった2015年12月に、MozillaはFirefox OSのスマートフォン向け展開を終了すると発表しました。

Mozillaが「Firefox OSのスマートフォン向け展開を終了」と発表、リリースからわずか2年でFirefox OSスマホは消滅することに - GIGAZINE



その後はパナソニックからFirefox OS搭載4Kスマートテレビが登場しており、Firefox OSをIoT向けに展開する意向を明らかにしていましたが、スマートテレビを含めたIoT市場でも大きな影響を与えることはできなかったようです。Mozillaが50人の従業員を解雇したのはFirefox OSに接続するデバイスの開発事業部で、Mozillaも従業員の解雇があったことを認めています。