女性パティシエが焼くヴィエノワズリーを全種買いしたい!都立大学「アディクト・オ・シュクル」

写真拡大

都立大学のパン屋さんでパンを調達していたところ、ふと可愛らしい外観に惹かれて足をとめました。

パンマニアの殿堂入りバゲットを食べずにいられるか!?粉の持ち味を最大限に生かしたパン屋「nichinichi」

「アディクト・オ・シュクル」という2014年にオープンしたパティスリーで、パリのバゲットコンクールで優勝経験のある「ル・グルニエ・ア・パン」や、東京に戻ってからは吉祥寺「アテスウェイ」「ラデュレ」等で働いていらした方のお店です。

ヴィエノワズリーが充実する「アディクト・オ・シュクル」

店内も外観と同じように木材と赤い色を使ってテンションがあがる設え。ケーキケースの上にヴィエノワズリーが美味しそうに並んでいます♪

どれを買おうか迷いましたがやはり定番のクロワッサン(210円)は必須です。

翌日の朝にリベイクして食べたので内側はややしっとりしてしまいましたが、バターがしっかり香るもののベタベタせず、外側はサックサクで美味。

他には、毎朝10時過ぎに焼き上がるものを包装せず、そのまま並べるフィナンシェ(210円)や、最近は作るお店が増えましたが一時期は絶滅状態だったババ・オ・ロム(サヴァラン(480円))も要チェックです。

下戸なのにラム酒がしみしみのババ・オ・ロムが大好きで、見かけるとつい買ってしまいます。

上質な生クリームとブリオッシュ生地の中に硬めのカスタードが入っており、しっかりお酒が効いていながらシロップは甘すぎず大人の好むケーキです。

1月いっぱいはガレットデロワも販売しているのでお好きな方は足を運んでみて下さい。

個人的に、パティスリーの作るパンはリッチなタイプが多く、とても好みなので我慢しきれずに買ってしまいます。

皆さんが普段行かれるケーキ屋さんにもパンが売られていたら買ってみてくださいね。

新しい発見があると思いますよ。

アディクト・オ・シュクル
住所:東京都目黒区八雲1-10-6 MAP
電話番号:03-6421-1049
営業時間:10時〜19時
定休日:火曜日(水曜不定休)