初島漁師の丼(どんぶり)合戦

写真拡大

2017年2月4日から3月12日まで、初島(熱海市)にて、「初島漁師の丼(どんぶり)合戦」が開催されます。

一足早い春の花が咲き誇る「花の島」、散策も楽しめる

島の漁師が営む食堂を中心とした島内の17店舗が、獲れたての地魚やイカ、エビ、伊豆の名産野菜アシタバなど、旬の食材をふんだんに使った思い思いの「オリジナルの丼ぶり」をふるまう、島を挙げての冬の恒例グルメイベントです。

温暖な初島ではこの時期、熱海桜、河津桜、大島桜、ソメイヨシノといった4種類の桜が順次満開を迎えるほか、極楽鳥花やアロエといった南国の花々が見頃を迎えます。さらに、桜との競演が見事な菜の花や1万本のチューリップなど、春ならではの花々も咲き誇り、まさに「花の島」となります。腹ごしらえの後、一周わずか1時間ほどの島内を散策すれば、ひと足早い春を感じることができます。

期間中は、熱海港〜初島間の高速船往復乗船券と島内参加店舗でオリジナル丼ぶりを楽しめるミールクーポンをセットにした、おトクな「丼合戦セット券」も販売されます。

食堂街の営業時間は11時から15時頃です。