1日、台湾国民党の蔡正元氏は台湾南部の屏東県牡丹郷で再建された「日本神社」について、「台湾原住民を侮辱している」と批判した。写真は蔡氏のフェイスブックより。

写真拡大

2017年2月2日、仏国際放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(中国語電子版)によると、台湾国民党の蔡正元(ツァイ・ジェンユエン)氏は1日、台湾南部の屏東県牡丹郷で再建された「日本神社」について、「台湾原住民を侮辱している」と批判した。

【その他の写真】

蔡氏は1874年、牡丹郷の住民に日本人漁民が殺害された「牡丹社事件」を口実に、日本軍が兵士約3600人で牡丹郷など台湾原住民・パイワン族の集落に攻め込んだと説明。牡丹郷のリーダーらが殺害され、多くの日本人兵士が負傷したとした。

一方、日本軍は1895年の台湾占領以降、亡くなった日本兵を追悼するため牡丹郷に神社を建立。1945年の敗戦後、神社は野ざらしになっていたが、最近になって再建されていた。蔡氏は「民進党が再建した」と主張。「台湾原住民を侮辱している」と批判していた。

これに対し、牡丹郷の村長、李徳福(リー・ダーフー)氏は「神社の再建費用は日本の民間資金。民進党が建て直したのではない。日本の友人たちと村民が過去の過ちを忘れず、わだかまりを解き、友好の証として建てたものだ。蔡氏には公の場で謝罪してほしい」と述べた。

しかし、蔡氏は「日本人との和解は不可能ではないが、日本軍が侵略した場所に再建するのは、当時の犠牲者に顔向けできない」と反論している。(翻訳・編集/大宮)