写真提供:マイナビニュース

写真拡大

静岡県浜松市はこのほど、3年連続「餃子購入額日本一」となったことを発表した。

総務省家計調査結果(2016年1月〜12月/浜松市集計)によると、年間の餃子購入額は多い順に1位浜松市4,818円、2位栃木県宇都宮市4,651円、3位宮崎県宮崎市2,895円、4位京都府京都市2,869円、5位滋賀県大津市2,753円。

餃子購入額は、2010年まで宇都宮市が15年連続1位となっており、2011年に浜松市が初めて日本一に。以降1位は、2012年浜松市、2013年宇都宮市、2014年浜松市、2015年浜松市となっていた。

鈴木康友浜松市長は、「(浜松市が舞台のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』による)"直虎イヤー"を迎えた年に初となる3年連続日本一を達成したことは非常に喜ばしいこと。私も大好物でよく食べますが、市民の皆さまも餃子好きの方が多く、浜松市は餃子の街でもあることが証明された結果だと思います」とコメントしている。

浜松市は餃子の他に「うなぎのかば焼き」でも、6年連続日本一という結果が出たとのこと。